2008年09月29日

キャロウェイ ERCV

キャロウェイゴルフのドライバー「E・R・C V CF ドライバー」。究極の飛距離を実現しながら、安定したスイングができる高性能フルチタンドライバーです。価格は税込で84,000円と高価なものになります。

前モデルE・R・C Uは1999年に発売されましたが、それとの違いは、最新技術を駆使し、クラウンが極限まで薄くなっていることです。

E・R・C V CF ドライバーの主なアピールポイントは下記の通りです。

1.クラウンを極限まで薄くしたことにより、一般的なヘッド形状でありながら、低重心化が可能。理想的なバックスピンが実現。

2.チタンドライバーでありながら、クラウンを薄くした事によりヘッドの軽量化ができ、450cm3の大型ヘッドを実現。周辺に重さを分散したことで、高慣性モーメントとなって、ナイスショットのエリアが拡大。

3.ヒール寄りのバックフェース側にウエイトチップを設置し、しっかりボールをつかまえてくれる。低重心により、ショット後の高弾道を実現。

4.クラウンに剛性の高いチタンを使用。スピンを最適に減らすエリアでショット出来た場合、エネルギーロスを最小限に抑え、理想的な飛距離を実現。

キャロウェイ「E・R・C V CF ドライバー」は、スイングしている時、しなりの方向性が均等になるだけではなく、しなりが戻っていくのも早いです。

スイングしている時に、大きくシャフトがしなってくれるので、スイングのエネルギーを十分に蓄える事ができます。ボールにインパクトする時にしなりが戻り、一気に力を開放。これにより飛距離が格段に伸びるというわけです。
posted by callaway at 12:17 | ドライバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。