2007年12月27日

キャロウェイアライメントパター「オデッセイ マークスマン」

キャロウェイゴルフが発売しているパターオデッセイ マークスマン」は、「パターが上手な人」と言う意味のセットアップしやすいアライメントパターです。

ゴルファーなら誰しもパッティングが上手になりたいもの。ショートパットは勿論の事、ロングパットが自分の思った通りのラインを描き、カップインした時の感動は計り知れないものがあります。

キャロウェイゴルフから発売されている「マークスマン」とは、英語で本来「狙撃が上手な人」と言う意味です。しかしキャロウェイは「Marksman」と綴るところをターゲットのXを文字って、「MARXMAN」と綴り「パターが上手な人」と言う意味に変換しています。なかなかシャレていますね。

これはパターの重鎮メーカーであるオデッセイの開発チームが、プロ、アマチュア問わず全てのゴルファーに「MARXMAN」になってもらうべく、パットの技術力向上とパットの楽しさを感じられるパターとしてネーミングしたものだそうです。

2ボールパターは登場して以来、実績も重ね、ゴルファーの間ではすっかりお馴染みになっています。2ボールパターの長所はセットアップした時にボールと2枚のアライメント・ディスクを並べることで、狙いに対してまっすぐ構えやすい事です。

でもアライメントの大きさや形状は、それぞれのゴルファーの構えやすさやフィーリングによって当然好みが違い、十人十色です。キャロウェイ「オデッセイ マークスマン」は、強調したアライメント・ラインをデザインしており、より狙いに対して直角に、構えやすいパターとなっています。
posted by callaway at 12:28 | パター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。